片口のおすすめランキング

数ある酒器の中でも、片口はデザインが洗練されていて特に人気があるようです。しかし片口といっても素材・形状・容量がさまざまでどれを選んだらいいのか悩みどころ。そこで、片口の選び方と人気ランキングをご紹介したいと思います。片口を探している人はぜひ参考にしてくださいね。お気に入りの片口で注ぐ日本酒はまた格別ですよ。

片口の選び方は?素材や容量をチェック

鍋料理やつまみと一緒に冷酒器として使ったり、熱燗にしてお酒を飲む際に用いたり、片口の使い方は様々です。片口には陶器、ガラス、錫などの素材があり、容量もさまざま。選ぶときにこれだけはおさえておきたいポイントをまとめたので、最適な片口を見つける参考にしてみてください。

陶器製|日本酒を柔らかな味わいに

陶器製|日本酒を柔らかな味わいに

酒器の定番・陶器製は、日本酒を柔らかな味わいにしてくれます。ガラス製などと違い、温めたお酒にもぴったり。熱燗は徳利で……という人も多いと思いますが、手軽に楽しみたい時は、日本酒を注いだ片口にラップをし、電子レンジで温めるのもおすすめです。
伝統的な雰囲気だけでなく、どこか温かみを感じさせる陶器製の片口を使えば、ほっこりとした気分で日本酒を楽しめます。

ガラス製|香りが華やぐ吟醸系におすすめ

ガラス製|香りが華やぐ吟醸系におすすめ

ガラス製の片口は、夏を思わせる涼しげな趣きがあります。そのたたずまいから冷酒器として人気があり、形状やカラーが豊富なことも魅力です。酒器ガラスは日本酒の味や香りを壊さず、本来の魅力そのものを楽しめるという特徴があります。そのため、日本酒の中でも特に香り豊かな吟醸系におすすめです。

錫製|日本酒をまる味帯びた深い味に

錫製|日本酒をまる味帯びた深い味に

日本酒の上級者におすすめしたいのが、金と銀に続いて高級とされる錫(すず)製の片口です。錫は抗菌性が高いため、日本では昔から酒器として愛用されてきました。また錫製は酸化しにくく、さびづらいという特徴もあります。錫製の片口に注がれた日本酒は、雑味がなくなり口当たりがまろやかになります。

容量|2合までがおいしく飲み切れ、おすすめ

容量|2合までがおいしく飲み切れ、おすすめ

日本酒は上燗・熱燗と、温度ごとに呼び名が変わるほど、さまざまな温度で楽しむことができる一方、お酒ごとに一番おいしい温度が異なります。ベストな温度でおいしく飲めるよう、注いだままの一番おいしい温度で飲み切ることが大切です。
飲むスピードに個人差はありますが、2合(360ml)ぐらいまでの容量のものが1人での晩酌時におすすめです。来客時には、さらに大きいものを選ぶなど、場面に合わせて変えてみてください。

形|氷を入れる容器が付いたものは保冷性抜群

夏は冷酒がおいしい季節です。しかし、気温に影響されてすぐにぬるくなってしまうのが難点。焼酎とは違い、日本酒は氷を入れると味が薄くなってしまうので、直接入れるのも適しません。夏場に冷酒を楽しみたいのなら、味を損なわずに飲める氷ポケットや容器が付いた片口がおすすめです。
下の記事では、氷を入れる容器が付いた片口などの冷酒器を紹介しています。

冷酒器のおすすめ人気ランキング10選|ガラス製はデザイン豊富!セットのものも◎ - Best One(ベストワン)

冷酒器のおすすめ人気ランキング10選|ガラス製はデザイン豊富!セットのものも◎ – Best One(ベストワン)>>
お酒と氷を所定の場所に入れて温度を保ち、味の変化を抑える冷酒器。透明感のある無地ものから、華やかな柄が描かれたものまで、さまざまな個性があります。味わうお酒の種類だけでなく、シーンや空間に合わせて選びたい冷酒器ですが、何を基準に選べばいいのでしょうか。それぞれぞの特徴を説明しながらおすすめの冷酒器をご紹介します。

アデリア 片口 徳利 220ml てびねり

                                                    アデリア                         片口 徳利 220ml てびねり

Amazon で見る

陶器の「てびねり」を再現したデザインなので、ガラス製ですがどこか温かみがあります。手が届きやすい価格で3個セットなのが嬉しいですね。サイズも小さすぎず、大きすぎずちょうど良い大きさ。酒器としてだけではなく、ドレッシング入れとしても使えます。食洗機でそのまま洗えるのもポイントが高いです。

東洋佐々木ガラス 片口冷酒カラフェ

                                                    東洋佐々木ガラス                         片口冷酒カラフェ

Amazon で見る

独特なデザインが持ちやすく、手になじみやすい形状です。お気に入りの日本酒を冷やで飲む時に、ぜひ利用してみてくださいね。クリスタルガラスのような透明度の高さとシャープなクリアさで、色合いもしっかりと楽しむことができます。食洗機でも洗えるため、日常でも使いやすいですよ。

アデリア 津軽びいどろ あじさい

                                                    アデリア                           津軽びいどろ あじさい

Amazon で見る

津軽の伝統工芸品「津軽びいどろ」を使用しています。その名の通り「あじさい」を想起させる、色鮮やかな青が映えた片口。一見すると味気ない見た目のデザインが多いガラス製冷酒器のなかでも、美しい色を愛でながらお酒を楽しめます。酒器以外にでも、調味料を入れたりと幅広く使える点も魅力です。

宗峰窯 鉢 たこ唐草 片口 10.0 浅鉢

                                                    宗峰窯                         鉢 たこ唐草 片口 10.0 浅鉢

Amazon で見る

たこ唐草模様が独特の雰囲気を演出している器です。焼き物なので、一つ一つ色合いなどが異なるのもまた趣きがあります。酒器としての使い方だけではなく、サラダや煮物、和え物といったお惣菜を入れるなど、料理の盛り鉢としても活躍します。酒器として、和食器として、いろいろな使い方ができる点がおすすめです。

結彩の蔵 細十草片口5.5寸鉢

                                                    結彩の蔵                         細十草片口5.5寸鉢

Amazon で見る

手書きのような藍色の細十草模様が、どこか懐かしい雰囲気の片口。サイズは大きめなので、数人でお酒を飲みたいときにいかがでしょうか。また、5.5寸鉢は2~3人前のおかずにぴったりの大きさ。切り終わった野菜を入れるボウルとしても使えます。シンプルなデザインで使い勝手も良いので、食器棚に一つあると便利です。

能作 片口 小 本錫 高岡伝統工芸

                                                    能作                         片口 小 本錫 高岡伝統工芸

Amazon で見る

富山県の伝統工芸メーカー「能作」による錫100%で作られた片口です。他メーカーでは錫に他の金属を加えることもあるそうですが、能作の片口は純度100%です。錫製の片口でお酒を注ぐと、まろやかな味わいになります。特別な片口を探している人に、またプレゼントを探している人におすすめです。

長谷製陶 片口 中皿 伊雅釉

                                                    長谷製陶                         片口 中皿 伊雅釉

Amazon で見る

長谷製陶は伊賀焼の技術を伝承する老舗陶器メーカーです。この片口は口径が広く、浅い作りのため片口としても中皿としても使用できます。伊賀の荒土によって作られ、自然から生み出される土の風合いや模様が、他とは一味違います。日本古来の伝統的デザインのものをお探しの人におすすめです。

東洋佐々木ガラス 冷酒器 ブルー・金箔 300ml

                                                    東洋佐々木ガラス                         冷酒器 ブルー・金箔 300ml

Amazon で見る

江戸硝子とは江戸時代から伝わる手作りのガラス製品のことで、2014年に国の伝統工芸品として指定を受けています。職人による手作業で丁寧に作られており、高級感のある美しさ、存在感を放ちます。この片口も藍色と金箔が上品にあしらわれた逸品。お祝いやおもてなしの席に、またプレゼントとしてもおすすめです。

東洋佐々木ガラス 片口 冷酒カラフェ カルタス

                                                    東洋佐々木ガラス                         片口 冷酒カラフェ カルタス

Amazon で見る

この片口に使用されているクリスタルガラスは透明度と光沢性が高く、見た目が美しい商品です。しかも丈夫で軽く、家庭用の高級グラスとして使いやすくなっています。料亭で出てくるような美しい酒器の片口が、家庭で手軽に使えます。1人~2人で晩酌するのにちょうどいいサイズです。

アデリア 津軽びいどろ ねぶた 片口

                                                    アデリア                         津軽びいどろ ねぶた 片口

Amazon で見る

東北三大祭りの一つ、青森県で開催される「ねぶた祭り」を表現した、津軽びいどろの片口です。津軽びいどろとは青森県に伝わる伝統工芸品で、四季折々の色彩を取り入れた多彩なガラス工芸。シンプルなデザインのガラス片口が多い中、美しい色を目で楽しみながら日本酒を味わえ、おすすめです。

Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です