急須のおすすめ人気ランキング

お茶に欠かせない茶わんや急須。特に急須は素材や形もいろいろあり、通販での扱いも多いため、どれを選んだらよいか迷ってしまいますね。実は急須によって、同じお茶でも味がぐっと変わってくることをご存じですか?今回はそんな急須をランキング形式でご紹介。日々のお茶をおいしく飲むために、ぜひ参考にしてくださいね。

失敗しない!これだけチェック!

まずは急須を購入する前にチェックしておきたいポイントをご紹介。日頃から使うものだからこそ、大きさや形、素材など、お気に入りの一品を選んでくださいね。

サイズ|3~4人用なら400~500mlを目安に

急須のサイズは人数に合わせて選びましょう。家族3~4人用なら400~500ml程度のものがおすすめです。1人分なら150~200ml、2~3人用なら300~350mlくらいが目安。人数に対して大きすぎる場合は、十分に茶葉の抽出がされないことも。逆に小さすぎると何度もいれなくてはならず、お茶の味もばらつきが出てしまいます。

形状|すり合わせが良いものは保湿性が高く、隙間からお茶が漏れない

急須の胴とふたの「すり合わせ」に隙間がなく、ピッタリなじむものを選ぶのがポイント。乾燥した茶葉を入れてお湯を注ぎ「蒸らす」とき、隙間があるとしっかり蒸らすことができないうえ、お湯の温度も下がってしまいます。がたつきがあると、お茶を湯呑みに注ぐときに縁からお茶が漏れ出てくることがあるのでチェックが必要です。

素材1|毎日同じお茶を飲むなら陶器

陶器やせっ器で作られた急須は内側に無数の小さな孔があり、水に含まれる不純物を吸着してくれるといわれています。吸水性がよく、毎日同じ種類のお茶を飲む場合は、使うほどになじみ味わい深くおいしいお茶を飲むことができます。常滑焼や萬古焼きなどが代表的です。お茶の渋みをやわらげうまみをバランスよく引き出してくれます。

素材2|違うお茶も楽しみたいなら磁器や耐熱ガラス

素材2|違うお茶も楽しみたいなら磁器や耐熱ガラス

いろいろな種類のお茶を飲むなら、表面がつるっとした磁器製や耐熱ガラス製のものをおすすめします。お湯と茶葉本来の味と香りをダイレクトに楽しめます。茶葉が開いていく様子や色の変化など、見た目を楽しみたいならガラス製の急須。電子レンジ対応の耐熱ガラス製の急須なら、冷めても温め直せるのがうれしいですね。

耐久性|鉄製なら火にかけられ、樹脂製は割れにくく子供がいても安心

南部鉄器などの鉄瓶で沸かしたお湯からは、微量の鉄分を体に取り入れることができ、またカルキが除去されまろやかな水になるといわれています。保温性に優れており冷めにくいのもうれしいポイント。使い込むほど味わいが出てきます。アクリルなど樹脂製の急須は軽くて割れにくいので、小さなお子さんがいる家庭には安心です。

茶こしタイプ1|日常使いなら本体から取り出せるタイプがお手入れ簡単

取り外し可能なかごタイプの茶こしは、洗いやすく毎日使いに適しています。ただ、急須本体に対してかごの中のスペースが狭くなるので、茶葉と湯が対流しながら茶葉が自然に開いていく力が弱まり、抽出力にはやや欠けることも。網かごよりも、ステンレス板に小さい孔をあけたタイプの茶こしが、茶葉は挟まりにくくお手入れが簡単です。

茶こしタイプ2|本体に穴の開いているタイプはお茶の風味が豊かに

急須本体に直接穴が開いているものや、茶こしが貼り付けられている一体型のタイプは、お湯の対流を妨げません。急須内部の空間を広く使えるため、のびのびと茶葉が広がり抽出力が高まります。茶葉のジャンピングがしっかり起こることで、風味の豊かなお茶を楽しめるのが特徴です。

横浜セラミーチェ 急須ちゃーみる

                                                    横浜セラミーチェ                         急須ちゃーみる

Amazon で見る

付属の茶こしとふたがないため、洗いやすくお手入れしやすい急須です。珍しい形状ですが、茶葉とお湯を入れてもこぼれないのが不思議。シンプルなフォルムは手にしっくりとなじみ、お茶の葉の広がりがわかるので、お茶の出具合も一目瞭然。夏は氷を入れて冷茶を作るのにもよく、湯冷まし用としても使いやすい万能急須です。

及源鋳造 南部盛栄堂 南部鉄瓶 三笠形アラレ

                                                    及源鋳造                         南部盛栄堂 南部鉄瓶 三笠形アラレ

Amazon で見る

日本の伝統工芸品、南部鉄器の鉄瓶。こちらで沸かしたお湯は水道水のカルキくささが抜け、やわらかな口あたりになると伝えられています。同時に鉄瓶から溶け出す微量の鉄分が、体の鉄分不足を補う効果があると言われています。存在感のあるフォルムは、インテリアとしても活躍。使い込むたび味の出る南部鉄器は、一生ものとして人気です。

きつさこ 萬古焼 優美急須

                                                    きつさこ                         萬古焼 優美急須

Amazon で見る

注ぎ口の湯切れのよさが特徴の、四日市萬古焼のきつさこオリジナル仕様の急須。萬古焼の原料に含まれる鉄の成分が、お茶のタンニンと反応して、お茶の味をまろやかにするといわれています。内蔵タイプの茶こしは内部のスペースが確保され、茶葉が余裕をもって広がることができます。網目が細かく茶葉が詰まりにくいのがうれしいポイント。

西海陶器 波佐見焼 平急須 リーフ柄

                                                    西海陶器                         波佐見焼 平急須 リーフ柄

Amazon で見る

長崎県波佐見焼きの急須です。取り外しでき、お手入れがらくらくSS(スーパーステンレス)茶こしがついています。ステンレス板に細かいパンチング状の穴があけられており、お茶の葉が引っかかりにくいのが特徴。毎日使うものだから、ささっと水洗いで茶こしのお手入れができるのは嬉しいですね。

Hwagui 鉄急須

                                                    Hwagui                         鉄急須

Amazon で見る

ガス直火、電気コンロ、炭火、IH調理機に対応の鉄瓶タイプの急須。溶け出す鉄分が体に取り入れられることで健康効果があるといわれています。鉄イオンの水道水の塩素を除く働きにより、お茶の味がまろやかに。ステンレス製の茶こしは外して洗いやすく清潔。インテリアとしても存在感を発揮します。

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 ふかみ

                                                    HARIO (ハリオ)                         茶茶 急須 ふかみ

Amazon で見る

お茶の色が楽しめるガラス製の急須。茶葉の開き加減や、お茶の出具合が一目瞭然です。注ぎ口は最後の一滴まで湯呑みに注ぐことができるフォルム。食洗機使用OKの耐熱ガラス製のため電子レンジも使用可で、扱いやすいのがうれしいですね。日本茶はもちろん、紅茶やハーブティーにもなじむデザインです。

及源鋳造 南部鉄器 鉄瓶 東雲亀甲

                                                    及源鋳造                         南部鉄器 鉄瓶 東雲亀甲

Amazon で見る

お湯が柔らかくなることでお茶の味をまろやかにし、溶け出す鉄分が体にいいといわれています。長寿吉兆を願う亀甲模様がちりばめられた小型のタイプはギフトにもぴったり。底に厚みを加えた設計で、直火はもちろんパワーの強い200VIHにも対応。ツルは倒すことができ、省スペースで収納しやすいのもポイントです。

きつさこ 常滑焼 黒泥急須

                                                    きつさこ                         常滑焼 黒泥急須

Amazon で見る

素材の陶土に含まれる酸化鉄がお茶のタンニンと反応し、お茶の味を引き立たせてくれる常滑焼の急須。本体は注いだとき湯切れしやすい独自設計が施されています。 目が細かいパンチング孔の茶こしは、茶葉が詰まらず水でスルっと流すだけ。常滑焼は朱泥カラーがポピュラーですが、こちらは手間をかけ燻し焼きにしたブラックカラーです。

西海陶器 波佐見焼 ポット マジョリカ柄

                                                    西海陶器                         波佐見焼 ポット マジョリカ柄

Amazon で見る

丈夫で壊れにくい、厚手で素朴な波佐見焼の急須。スーパーステンレス茶こしは、低面積の広い円柱型になっており、お湯を注いだ後の茶葉の開きを妨げません。そのため、茶葉がのびのびと開きしっかり蒸らされます。茶こしの孔が細かく、しっかりこすことができるため、深蒸し茶も舌さわりがなめらかにいれることができます。

常滑焼 無地深蒸急須

                                                    常滑焼                         無地深蒸急須

Amazon で見る

第1位は朱泥の常滑焼。片手で柄を持ち親指でふたを押さえながら注ぐことができる横手型は、使いやすく日常使いにピッタリです。陶器の内側の小さな孔が余分な成分を吸着し、旨味をさらに引き立ててくれるのも特徴です。本体一体型の茶こしは、茶葉の細かいお茶もしっかりこしてさらにおいしくなります。

Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です