お茶ミルおすすめ人気ランキング

茶葉を粉末緑茶のようにして飲むことのできる調理機器「お茶ミル」。探してみるとシャープやハリオなど、さまざまなメーカーが商品を展開していて迷ってしまいます。ここでは、選び方やおすすめの人気商品をランキングでご紹介していきます。

失敗しない!これだけチェック!

使ってみないことには良し悪しがわかりにくいお茶ミルですが、購入前に以下のポイントをチェックしましょう。せっかく買ったのに使いにくくて、結局棚の奥深くに眠ったまま……なんて事態にならないように使い方がわかりやすいものをご紹介します。

タイプ|風味をキープできる「手動式」、短時間で挽ける「電動式」

コーヒーミルと同じくお茶ミルも手動式と電動式があります。手動式は摩擦熱がおこりにくく風味を損なわないのがメリットですが、時間と労力がかかってしまうのがデメリット。一方で電動式は大量の茶葉でもボタン1つで、きめ細かく粉砕してくれる点がメリットですが、手動に比べて故障しやすい傾向にあるのがデメリットです。

性能|味を楽しむなら緑茶専用ミル、兼用するなら粉末ミルを

性能|味を楽しむならお茶専用ミル、兼用するなら粉末ミルを

緑茶を挽くことに特化した、お茶専用ミルなら、風味やのど越しのよい美味しい抹茶のように細かい粉末緑茶を楽しむことができますし、緑茶だけでなく紅茶やほうじ茶にも対応しているタイプがあります。また茶葉だけでなく胡椒などのスパイスを挽くほか、さまざまな用途にも使いたいなら、いろいろな食材に対応できる粉末ミルがおすすめです。

回転速度|ブレード式は高速で細かく、臼タイプは低速で摩擦熱を抑える

手動式は粉砕方法の違いにも目を留めましょう。一方で電動式のものはミルの回転速度をチェックしておく必要があります。一般にブレード式の方が回転速度が速く、短時間で細かく粉砕が可能ですが、風味が落ちる可能性があり、逆に低速の臼タイプは時間はかかるものの、お茶の風味を損なわないというメリットがあります。

お手入れ|パーツが分解がしやすいものが便利

調理器具は「調理しやすさ」だけでなく、そのあとの「お手入れのしやすさ」も大事なチェックポイントになります。特にお茶ミルのように食材を粉末状にする機械は、その細かい粒子が機械の隙間に入り込んでしまって、汚れが溜まりやすいといったデメリットがあるため、できればそれぞれのパーツに分解して洗えるタイプのものがおすすめです。

東京商工社 Sururu するる ポータブルお茶ミル

                                                    東京商工社                         Sururu するる ポータブルお茶ミル

Amazon で見る

ハンドルを本体に収納できるコンパクトなテイクアウト用お茶ミル。女性など手の小さな方でも、すっぽり入るサイズながら、錆びにくいセラミック刃や粉漏れ・飛び散り防止、ペットボトルへ簡単に移し替えられる便利な設計など、性能面でも優秀です。携帯のポーチが付いているので、カバンにも入れることができます。

パール金属 キャプテンスタッグ お茶ミル

                                                    パール金属                         キャプテンスタッグ お茶ミル

Amazon で見る

緑茶本来の風味を損なわないセラミック刃は、錆や摩耗にも強く、使い始めの挽き味を長く保つことができます。粗さの調節機能も付いているので、飲みたい味や使いたい料理に合わせて使い分けることができるのも魅力。取り外し可能で水洗いも簡単、お手入れしやすいので毎日でも使いたくなる茶ミルです。

HARIO(ハリオ) お茶ミル・チャコ

                                                    HARIO(ハリオ)                         お茶ミル・チャコ

Amazon で見る

セラミック製の臼で緑茶の風味を損なわずに粉末状にできる手動式お茶ミル。粉受けには粉ふりメッシュが付いているので、そのまま料理やお菓子に振りかけられますし、蓋や粉受けボールが透明なので、挽きながら状態を確認できるのも便利。シンプルなデザインはスタイリッシュなキッチンに合いおしゃれです。

SHARP(シャープ) ヘルシオ お茶プレッソ 湯ざまし機能付き グリーン

                                                    SHARP(シャープ)                         ヘルシオ お茶プレッソ 湯ざまし機能付き グリーン

Amazon で見る

「復活して欲しい」という要望により、ツインバード工業が3代目として開発した、復刻版お茶ミルです。もちろん、これまでの経験をもとに、さらに機能や性能を向上させ、デザインも茶筒風の和風モダンテイストに仕上げ、かわいらしくダイニングやキッチンにもしっくり馴染むことでしょう。

Panasonic(パナソニック) National 家庭用臼式 まるごと緑茶

                                                    Panasonic(パナソニック)                         National 家庭用臼式 まるごと緑茶

Amazon で見る

セラミック製の刃とゆったりとした回転速度で摩擦熱を抑え、電動式茶ミルとは思えないほど、風味豊かなお茶を楽しむことができます。煎茶・玉露・甜茶に加え、普通の茶ミルなら対応しきれない、茎茶まで専用アタッチメントを付けることで使用可能です。いろいろなお茶の風味を楽しみたい方向けです。

ヨシカワ クラフトタナカ 一茶 計量スプーン付

                                                    ヨシカワ                         クラフトタナカ 一茶 計量スプーン付

Amazon で見る

マグカップほどのミニサイズで場所をとらず、また、価格もお手頃、お茶ミルに挑戦してみようかな…と思っている方なら、まずはこれで試してみると良いでしょう。1度に40gも挽くことができますし、金属不使用なので、お茶が酸化したり風味が損なわれたりすることもありません。

ジャパンポーレックス セラミックお茶ミル

                                                    ジャパンポーレックス                         セラミックお茶ミル

Amazon で見る

金属特有の匂いが少ない石臼型セラミックの刃を使用することで、お茶の風味を損なわず、かつ摩耗しにくく、錆のない丈夫で長く使える茶ミルに仕上がっています。玉露や煎茶、碾茶、番茶などさまざまな葉を「粒度調整」で調節しながら挽いて、お好みの粗さに。50回転で約1gのお茶を挽くことができます。

ジャパンポーレックス ポーレックス お茶ミル2

                                                    ジャパンポーレックス                         ポーレックス お茶ミル2

Amazon で見る

ポーレックス社が茶葉を挽く専用のセラミック刃を開発。従来の約3倍の細かさで、安定して挽くことができるようになり、その滑らかな舌触りからデザート用粉末緑茶にも大活躍してくれます。また粗挽きや細挽きなど、好みの細かさに対応できる便利な調節機能が付いています。

KYOCERA(京セラ) セラミックお茶ミル

                                                    KYOCERA(京セラ)                         セラミックお茶ミル

Amazon で見る

京セラの茶ミルは、昔ながらの石臼方式にセラミックの刃を採用しており、よりきめ細やかな粉末緑茶を作ることができます。さらに粗さを調節できるつまみが付いているので、好みの粗さに変えることも可能。より細かく挽けば、のど越しも良くスイーツのトッピング用にも使えますし、粗めに挽けばふりかけに使うこともできる優れものです。

Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です