YAMAHA(ヤマハ)サウンドバー 4K HDR対応奥行きのあるバーチャル音場を再現


バーチャル3Dサラウンドに対応した、スタイリッシュなデザインのバータイプのスピーカー。薄型のスリム設計だから、テレビの下においても視界を遮ることがなく、邪魔になりません。「DTS Virtual:X」対応で、バーチャルな音場を再現する3Dサラウンドモードを搭載。映像や音楽の世界に思いっきり没入できます!

サイズ(cm) 89×5.3×13.1cm
スピーカーユニット フロントサラウンドシステム
チャンネル数 5.1ch
再生可能周波数
ハイレゾ対応 ×

5月 2021|Road in New York

· アメリカのスーパーなどで幅広く売られているバーのひとつに、KINDバーというブランドがある。 日本では(商標関連で競合があったのか)BE-KINDバー(ビーカインドバー)として販売されているようだが、アメリカではスーパーだけでなくドラッグストア等にもコーナーができているほどで…

8月 2021|Road in New York

· アメリカのスーパーなどで幅広く売られているバーのひとつに、KINDバーというブランドがある。 日本では(商標関連で競合があったのか)BE-KINDバー(ビーカインドバー)として販売されているようだが、アメリカではスーパーだけでなくドラッグストア等にもコーナーができているほどで…
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です