ミルサーのおすすめランキング

乾燥した食品を粉末状に加工したり離乳食作りにも便利なミルサーのおすすめ商品を掲載。選び方やミキサーとの違いについても説明しています。人気の岩谷産業の商品も紹介していますので、価格や使い道などを比較しながら商品選びの参考にしてくださいね。大手通販サイトの売れ筋ランキングやレシピも紹介しています。

ミルサーの選び方

ミルサーを選ぶ時には以下の6つのポイントに注目してみましょう。

1.タイプ|ミルタイプ・ウェットタイプ・ミルミキサータイプの3種類

1.タイプ|ミルタイプ・ウェットタイプ・ミルミキサータイプの3種類

ミルサーにはミルタイプ・ウェットタイプ・ミルミキサータイプの3種類があります。それぞれの特徴について説明していきます。
▼ミルタイプ乾燥した食品を粉末状にすりつぶすことに特化したシンプルなタイプ。おすすめの使い道:ふりかけ・こしょうなどのスパイス・コーヒー豆 等
▼ウェットタイプミル機能に加え、水分のあるものをペースト状にすることが可能なタイプ。おすすめの使い道:スムージー・離乳食・介護食 等
▼ミルミキサータイプミルタイプ・ウェットタイプの両方の機能を併せ持ったタイプ。おすすめの使い道:様々な食品を加工する場合 等

2.パワー|消費電力に比例してハイパワーに

ミルサーのパワーは消費電力に比例して大きくなります。消費電力が大きいものはハイパワーですが、それに合わせて値段も高くなるため、用途に合ったパワーのものを選ぶとよいでしょう。平均的な消費電力は100W程度となっています。

3.機能|アタッチメント・静音性・安全性に注目

1.タイプ|ミルタイプ・ウェットタイプ・ミルミキサータイプの3種類

ミルサーの機能をチェックする場合には、アタッチメント(付け替えられる付属品)・静音性・安全性に注目してみましょう。
▼アタッチメントアタッチメントを付け替えることにより、様々な食材を加工することが可能になるため、用途に合ったアタッチメントが揃っているかをチェックしましょう。
▼静音性使用中の音が気になる場合には、静音タイプのものを選ぶと良いでしょう。
▼安全性安全面が気になる場合には、カバーや自動停止機能等が付いたものを選ぶと良いでしょう。

4.材質|チタン製はサビにくく丈夫

ミルサーを選ぶ時には、ブレード(食材を粉砕したりかき混ぜたりする部分)の材質もチェックしましょう。ブレードは、チタン製とステンレス製のものが多いですが、チタン製の方がよりサビにくく切れ味が長続きするためおすすめです。

5.サイズ|コンパクトで収納しやすいものがおすすめ

収納がしやすく、キッチンに出しておいても邪魔にならないサイズのものがおすすめです。シンプルな機能の場合は小型なものが多いですが、アタッチメントが多い高機能な場合も、コンパクトに収納できる工夫がされているものを選ぶと良いでしょう。

6.お手入れ|丸洗いできるものが◎

6.お手入れ|丸洗いできるものが◎

ミルサーを衛生的に使用するため、以下のポイントに注目してお手入れのしやすさもチェックしてみましょう。

  • アタッチメントが取り外しできて丸洗い可能
  • 食洗機に対応
  • 煮沸消毒が可能
  • お手入れ専用のブラシが付属

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ジュース ミキサー ミル付き

                                                    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)                          ジュース ミキサー ミル付き

Amazon で見る

ミル機能の付いたミキサー。ミル機能では、乾燥食品を粉末にするだけでなく、食材をペースト状にすることも可能で離乳食作りにもおすすめ。コーヒーミルとしても使用できます。ミキサー機能でスムージー等を作ることもでき、ガラスボトルは一度に3~4人分作ることのできる大容量タイプ。カッターはチタンコーティングされたステンレス製で、取り外せるのでお手入れも簡単です。

フカイ工業(FUKAI) チタンミル&ミキサー

                                                    フカイ工業(FUKAI)                         チタンミル&ミキサー

Amazon で見る

ミキサー・ミル共にチタンコーティング刃を使用。ガラスボトルとボトル台に加えてパッキンも取り外し可能で丸洗いできるので衛生的です。ガラスボトルは2~3人分が作れる750ml。切/入のシンプルな切替スイッチと、仕上げに便利なフラッシュ機能付き。回し過ぎ等でモーターが加熱するのを防ぐため、一旦スイッチが切れるよう安全面にも配慮されています。

ビタントニオ(Vitantonio) マイボトルブレンダー(ミル付)

                                                    ビタントニオ(Vitantonio)                         マイボトルブレンダー(ミル付)

Amazon で見る

スムージー作りで人気のビタントニオのブレンダーですが、ミルサーとしても超優秀!ウェット・ドライどちらにも対応しており、コーヒー豆やふりかけなどはもちろん、自家製ドレッシング作りにもおすすめです。朝はスムージー、夜はコーヒーなど幅広い使い方が可能。コンパクトなので省スペースに収まります。

山善(YAMAZEN) ミルミキサー

                                                    山善(YAMAZEN)                         ミルミキサー

Amazon で見る

ミキサー・ミル・お茶挽きの3役を担える山善のミルミキサー。用途に合わせて3つの容器を付け替えることで、より使いやすくなります。価格が安い分シンプルな構造ですが、金額を考えるとかなり高コスパ。ミルサー初心者さんにおすすめです。

岩谷産業(イワタニ) フレッシュミルサー

                                                    岩谷産業(イワタニ)                         フレッシュミルサー

Amazon で見る

1~2人分のジュース作りに便利なミキサー機能付きのミルミキサー。ミル機能を使えば粉末ダシやふりかけ、粉末緑茶も作れます。ケガ防止用にカッターの刃を丸く加工してあるので、お手入れの際にも安心。容器とカッターを分離してお手入れが可能なので衛生的です。オリジナルレシピが付属しているのも魅力的。

コイズミ(KOIZUMI) ミルミキサー

                                                    コイズミ(KOIZUMI)                         ミルミキサー

Amazon で見る

ミルミキサーで調理をしているとき、使い続けていると本体が想像以上に高温になることも。こちらのミル&ミキサーには高機能モーター保護装置が付いており、連続使用によって本体の温度が上昇した際には自動で停止し、再び使用可能な温度になると自動復帰する仕様になっています。より安全に使えるのは嬉しいですよね。

岩谷産業(イワタニ) クラッシュミルサー

                                                    岩谷産業(イワタニ)                         クラッシュミルサー

Amazon で見る

片手で簡単に使えるタイプが欲しい、という人におすすめなのがこちらのタイプ。ふりかけや粉末茶などの乾燥食品はもちろん、氷や冷凍食品などもOK。フローズンドリンクやシャーベットといったデザート作りにもおすすめです。容器部分は電子レンジに対応しており、粉砕した食材をそのまま温めることもできます。

クイジナート(Cuisinart) 粉末ミルグラインダー

                                                    クイジナート(Cuisinart)                         粉末ミルグラインダー

Amazon で見る

ブレードだけではなく、容器もステンレス製の本商品。プラスチック製と違いサビに強く、容器への匂い移りも防ぐことができるため、色々な食材を調理しても清潔に使えます。また、お手入れも簡単で食器洗浄乾燥器の使用もOK。煮干しや乾燥昆布等の乾物やコーヒー豆など毎日手軽に使いたい人におすすめです。

岩谷産業(イワタニ) サイレントミルサー

                                                    岩谷産業(イワタニ)                         サイレントミルサー

Amazon で見る

電動調理器具の悩みとしては、「音が大きいので深夜や早朝に使えない」ということ。こちらのミルサーは作動音約55dBの静音設計で、時間を気にせず使うことができます。静音設計でもパワーは健在。4枚刃カッターでナッツや氷などの硬い食材もあっという間に粉砕OK!静音とパワーを兼ね備えた万能タイプです。

Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です