下地センサーおすすめ人気ランキング

プロの大工さんも使用している下地センサー。壁奥の強度や下地がどの位置にあるのかを確認できる、DIYにも欠かせないアイテムのひとつとしてホームセンターで販売されています。今回はさまざまな種類がある中で、選び方や人気の商品を紹介していきます。

下地センサーとは?使い方は?

自宅に棚などを設置したい時に、下地材のない部分の壁(石膏ボード)にネジを打ち込んでしまうと、設置金具が簡単に抜け落ちてしまったり、ネジが緩みやすい影響で設置した板がずれやすくなってしまいます。下地センサーは、壁奥の静電容量の変化を計測することによって下地材のある部分を見つけ、丈夫に棚の設置ができる場所を教えてくれます。

センサータイプ|壁に当てて下地を見つける

最もスタンダードなタイプの下地センサー。壁に当てて測るだけなので、作業自体もスピーディーです。あくまでおおよその測定になるので、より確実性を求めるなら針タイプがおすすめです。

針タイプ|精度抜群!壁に穴を空けて調べる

針タイプ|精度抜群!壁に穴を空けて調べる

針タイプの下地センサーは、センサータイプ同様に下地のあるおおよその場所を把握した後、さらに針を壁に刺して下地材を探し当てるという使用方法となります。壁に穴が開いてしまうのが難点ではありますが、最も精度の高いものとなり人気があります。

マグネットタイプ|金属に反応して探し出すタイプ

一般的な壁材の下地材に固定されているネジや釘などを、マグネットで検知して探しだすタイプの下地センサーです。下地の素材が金属なら、直接下地を探すことも可能となります。下地の幅などは測れないので注意が必要ですが、壁に穴を開ける必要はありません。

適応素材・深度|探知に適した材質や深さがあるので事前にチェックを

どの下地センサーを使用しても、全ての壁の下地を確認できるわけではありません。木材のみ探知するものや、金属などを探知できるものもあります。機器によってそれぞれ対応している素材や、計測できる壁の深度(厚み)が違うので、購入の際にはきちんと確認するようにしましょう。

Preciva 下地センサー ウォールスキャナー スタッドディテクタ

                                                    Preciva                         下地センサー ウォールスキャナー スタッドディテクタ

Amazon で見る

4種類のスキャンモードで、らくらく作業が可能な万能下地センサー。LCDバックライトディスプレイつきなので、引っ越したばかりのうす暗い部屋や暗闇でもストレスなく作業をすることができます。自動校正機能、バッテリー残量インディケーターなどの機能面も充実しています。

BOSCH(ボッシュ) デジタル探知機

                                                    BOSCH(ボッシュ)                         デジタル探知機

Amazon で見る

木材や非鉄金属などにも対応していて、石膏ボード、金属、通電線といった3種類の検知モードに切り変えることができます。素材によって下地センサーを変える手間をはぶきたいという方におすすめです。

シンワ測定 メタルキャッチャー ミニ

                                                    シンワ測定                         メタルキャッチャー ミニ

Amazon で見る

強力マグネットの振り子により、クロス壁を傷つけずに壁裏の金属下地やクギ、ネジの頭探しができます。マグネットは360°回転構造なので、どの方向にも反応します。軽くてコンパクトなので持ち運びや作業も楽にでき、とても使いやすいです。

Meterk 下地センサー デジタル探知機 高感度センサー

                                                    Meterk                         下地センサー デジタル探知機 高感度センサー

Amazon で見る

5つのスキャンモードを駆使して、金属・木材・AC電源など幅広いものの検知を可能にしてくれる高機能な下地センサー。音で検知をお知らせするビープ機能、自動校正機能、バッテリー残量インディケーターなども備わっているので、使用経験のない方でも安心して使うことのできるおすすめの下地センサーです。

パナソニック(Panasonic) 壁うらセンサー 内装材専用 プロ用電動工具

                                                    パナソニック(Panasonic)                         壁うらセンサー 内装材専用 プロ用電動工具

Amazon で見る

下地がある場所を見つけた際に目印をつけやすいように、鉛筆用穴が取り付けられているます。下地が見つかった場所で鉛筆を軽く押すだけでマーキングができ、次の作業工程も捗るとても親切な機能となっています。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地センサー

                                                    シンワ測定(Shinwa Sokutei)                         下地センサー

Amazon で見る

精度の高いものよりも、タオル掛けなどの簡単なDIY作業に役立つものをお探しの方におすすめなのがこちらの下地センサー。べニアと石膏ボードの壁材に対応しています。点灯と電子音によって教えてくれる電線警告機能がついているので、うっかり開けてはいけないところに穴を開けてしまうというようなキケンなこともありません。

FOLAI 下地センサー 下地探し 壁うら探し

                                                    FOLAI                         下地センサー 下地探し 壁うら探し

Amazon で見る

こちらの下地センサーは、3つの検知モードを使い分けることができ、LCDディスプレイに表示される矢印とブザー音で、壁裏にあるものをお知らせしてくれます。自動電源切断機能もついていますので、何かとバタバタしてしまいがちな作業時にも安心です。石膏ボードとプラスチックでできた壁材に対応しています。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地センサー Basic

                                                    シンワ測定(Shinwa Sokutei)                         下地センサー Basic

Amazon で見る

日本でお馴染みのブランドでもあるシンワ測定のベーシックに使うことのできる下地センサー。シンプル設計なので、カーテンレールの取り付やインテリアのDIYなど、釘を打つことのできる場所を特定したい時の強い味方です。べニア、石膏ボードに対応しています。リーズナブルな下地センサーを探している方におすすめです。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地センサー Super

                                                    シンワ測定(Shinwa Sokutei)                         下地センサー Super

Amazon で見る

電線が通っている場所を検知すると、そのことを伝えるための警告を出してくれる機能がついています。くぎ打ちをした際に誤って電線を切断してしたり、傷つけてしまうのを防ぐことができます。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地探し どこ太 Smart マグネット付

                                                    シンワ測定(Shinwa Sokutei)                         下地探し どこ太 Smart マグネット付

Amazon で見る

針タイプの石膏ボード専用下地センサーです。マグネット付きの為、壁の向こうに金属の下地があると壁にくっつく仕組みとなっています。これで無作為に壁に穴を空けることもありません。替針も2本入っているので、針が折れてしまった場合でも気軽に交換ができます。

Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です