サンドペーパーおすすめ人気ランキング

サンドペーパーは別名「紙やすり」と言い、紙状のシートに砂のようなザラザラした研磨剤を塗ったもののことを指します。木材や金属を削ったり磨いたりする工作やDIYには欠かせないアイテムです。サンドペーパーの目の粗さは番号で表しますが、その番号を「番手」と言います。番手の数字は小さいほど目が粗く、大きくなるほど目が細かくなります。

失敗しない!これだけチェック!

それではまず、サンドペーパーの選び方についてご紹介します。目の粗さや種類など、しっかりと要点をおさえて商品を選んでいきましょう。

用途1|バリ取りや面取りには80番ほどの目の粗いものがおすすめ

「バリ」とは、切断した後の木材の表面が毛羽だった状態のことを指します。「面取り」は切断した後の木材の角を削る事です。切断した後の毛羽立ちや角を削ることを「バリ取り」や「面取り」と言います。このバリ取りや面取りにぴったりなサンドペーパーは、80番ほどの目の粗いものになります。

用途2|塗装前の処理としては120番、400番を使って仕上げると良い

用途2|塗装前の処理としては120番、400番を使って仕上げると良い

木材にそのまま塗料を塗ってしまうと、木材の凹凸がそのまま残ってしまいます。また、手あかが付いた部分には塗料が付きにくくなります。ですから、塗装前のサンドペーパーの処理はとても大切です。その塗装前のサンドペーパーの研磨には、120番、400番を使って仕上げるのがおすすめです。

用途3|塗装後の処理でも活躍するのは400番!驚くほど綺麗に仕上がりに

塗装前は400番のサンドペーパーがおすすめでしたが、塗装後の処理でも400番は大活躍してくれます。ちなみに、先ほどご紹介した80番は「荒目」に属します。120番は「中目」です。400番は「細目~極細目」になり、極論、塗装しなくても十分滑らかな仕上がりにすることが可能になります。

坪田パール マッチストライカー 交換用紙やすり

                                                    坪田パール                         マッチストライカー 交換用紙やすり

Amazon で見る

マッチ箱は今ではあまり使われないものかもしれません。しかし、マッチ箱を愛用している方や学校の理科の実験では今でも利用されていることでしょう。ただ、マッチのストライカーは消耗品なので、いずれは使えなくなってしまいます。しかし、このマッチストライカーがあれば、マッチ箱をずっと使い続けることができエコロジーです。

Uneattache trade サンドペーパー 紙やすりセット

                                                    Uneattache trade                         サンドペーパー 紙やすりセット

Amazon で見る

ドイツからの輸入品で品質は高いです。ハンドクリップが付いているので、人間の手で行うよりも平滑性が高く、均一に研磨することができます。また、サンドペーパーの取り換えがとても簡単で便利です。やすりの種類も豊富なので、使用目的に合わせて使い分けることができます。初めてサンドペーパーを揃える方におすすめです。

Faburo サンドペーパー

                                                    Faburo                         サンドペーパー

Amazon で見る

150~2000番までが各番手3枚ずつ入ったお買い得なセットです。そのため使用用途もかなり広いです。例えば、塗装の下処理はもちろん、水アカの研磨まで利用が可能です。また、電動サンダーに適用可能なサイズなので、サンダー用の紙やすりとしても使用できます。

BAISDY サンドペーパーセット

                                                    BAISDY                         サンドペーパーセット

Amazon で見る

400~3000番まで各番手5枚ずつ、計45枚のサンドペーパーセットです。耐水性のため、洗面、トイレ、バスなど濡れている場所やウェット研磨に使用できます。大きさも手に馴染みやすいサイズなので、使い勝手がいいサンドペーパーと言えるでしょう。

WINOMO 紙ヤスリ

                                                    WINOMO                         紙ヤスリ

Amazon で見る

WINOMOの紙ヤスリは、1,500~8,000番手までかなり細かい目のものがそろっています。しかも、濡れた場合と乾いた場合の両方に適したシリコーンカーバイドとエレクトロコーティングで作られているので、乾いてても濡れててもしっかり使うことができます。サイズが約28×23cmだから、スペアは十分にあります。

E-Value 紙ヤスリセット

                                                    E-Value                         紙ヤスリセット

Amazon で見る

とにかく安い紙ヤスリのセットになります。しかも9枚セットなので、量としては十分にあると思います。ただ、目がとても粗いので、「バリ取り」や「面取り」専用に使ったほうがいいかもしれません。また、サイズカットが可能なので、自分の手のひらに合わせて使えるので、世界に一つの紙ヤスリとして使うことができます。

三共理化学 超精密研磨フィルム

                                                    三共理化学                         超精密研磨フィルム

Amazon で見る

超精密研磨フィルムは、その名称通り、目が細かいので「こんなものまで対応できるの!?」という内容まで、対応できます。例えば、日本刀の曇り(軽いサビ)の対応はもちろん、今流行の万年筆のペン先の最終調整も、超精密研磨フィルムで対応可能です。また、超精密研磨フィルムは、水研ぎでも空研ぎでも使用できて便利です。

Bigman(ビッグマン) サンドペーパー

                                                    Bigman(ビッグマン)                         サンドペーパー

Amazon で見る

Bigmanのサンドペーパーは、普通に手で持って使うことはもちろん、ハンドサンダー・電動サンダーに適応可能なサイズとなりますので、サンダー用の紙ヤスリとしても利用可能です。しかも日本製のサンドペーパーなので、安心してお使いいただけます。しかも80~400番手までのセットなので、面取りから塗装後の処理まで幅広く使えます。

UEETEK 紙やすり

                                                    UEETEK                         紙やすり

Amazon で見る

そんなあなたに湿った状態でも乾いた状態でも、どちらでも使用可能なUEETEKの紙やすりはいかがでしょうか。UEETEKの紙やすりは、400~3,000と番手の幅が広いこともあり、建築物内部の手摺りや窓枠、建具や自動車修理、陶器など、あらゆる場面で活用されています。日々使う家庭用ナイフも、もちろんしっかりと磨き上げます。

KAKURI 紙ヤスリMIXセット

                                                    KAKURI                         紙ヤスリMIXセット

Amazon で見る

KAKURIの紙ヤスリMIXセットは、、80~400番手という、幅広い番手の展開のため、数年前から人気の珪藻土にもピッタリ。あと、トイレの水あか取りもらく~にできます。シンクの錆びとりもお任せあれ!です。水回りのことをまとめてきれいにしたいなら、KAKURIの紙ヤスリMIXセットはいかがでしょうか?

Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です