散水タイマーのおすすめ人気ランキング

自動的に水やりが出来るとあって、散水タイマーはとても便利で需要も高いです。初めて選ぶ時にはどういったポイントを抑えるかというのも重要ですし、まずは人気ランキングなどをチェックしてみるのがおすすめです。水栓式やタンク式などのタイプもあるのでニーズに合わせて選びましょう。

失敗しない!これだけチェック!

散水タイマーはタイプも色々!ニーズに合わせて選んでいくことが大事です。

タイプ|「水栓式」か「タンク式」かで選ぶ

散水タイマーには、大きく分けると「水栓式」か「タンク式」かで2つあります。水道が近くに有るのでしたら水栓タイプを選んだ方が水を入れる必要がなく快適に使いこなすことが出来るでしょう。水道が近くにない場所で使うとなれば、自動的にタンク式の方を選択することになります。

調整機能|水やりのタイマーや量の調整機能をチェック

散水タイマーには機能も色々とついているものがあります。散水のタイマーは勿論ですが、水の量を調節できるタイプもありますので、それぞれのニーズに応じた散水量を決めて設定しておくことが出来て安心です。幅広いニーズにこたえてくれるような機能付きの物が多いので要チェックです。

潅水箇所|一度で何度の水やりができるかチェック

潅水箇所|一度で何度の水やりができるかチェック

一度タイマーを発動して、何度の水やりが出来るのかというのも重要なポイントです。また水やりをし過ぎる事でダメになってしまう植物などもありますので、適切な調整が出来る機能がついたものを選ぶ事も大事なポイントです。まずは、機能面でどういった機能があるかチェックから行うのも重要なことです。

センサー|「雨天停止タイマー」があると便利

雨が降っている時には散水されないような雨天停止タイマーがついているタイプであれば、無駄な散水をする必要もなくエコという意味でもおすすめです。雨が降ってきた時に反応するセンサー付きのもので、なおかつ晴れたらまた散水されるというタイプであれば効率の良い水やりができます。

簡易度|取り付けや操作が簡単にできるものがおすすめ

商品を購入して自分で取り付けるという場合には、取り付けが簡単にできるかどうかというのも比較ポイントとなります。また取り付けだけではなく、使い方もシンプルで有りながら機能的というのが1番ですが、設定などが難しい物もあるので事前にその内容はチェックしてから購入しましょう。

散水タイマー 自動水やり タイマー

                        散水タイマー 自動水やり タイマー

Amazon で見る

一度散水時間を指定すれば、留守中でもきちんと水やりをしてくれます。大画像なLCDスクリーンを採用していますので、文字をしっかり見ながら操作しやすいです。高品質で安全性の高いプラスチック製のデザインで、時間を設定して水やりが出来るというシンプルな機能でわかりやすいです。

自動散水タイマー

                        自動散水タイマー

Amazon で見る

インストールをすることが必要ですが、16通りのタイマーが可能ですのでニーズに合わせた水やりが出来て快適です。特に水やりの要求が高い花への散水には適しているアイテムです。太陽光を電力に変えることができますので配線も不要で、太陽光が有れば充電する必要も有りません。

セフティー3 散水タイマー 電池式

                                                    セフティー3                         散水タイマー 電池式

Amazon で見る

大きめの画面を採用していますので見やすいですし、ボタンも比較的大き目なので操作性に優れています。付属アタッチメントを使えば蛇口に直接つなぐこともできますので、タンクに入れるという煩わしさも有りません。芝生はもちろん、畑やお花にも適した量と間隔を設定することが出来ます。

セフティー3 散水タイマー デラックス

                                                    セフティー3                         散水タイマー デラックス

Amazon で見る

セフティーブランドのデラックス型で高性能です。節水モードもありますので、使用する水の量もうまく調整する事でエコが実現出来ます。通常型よりも画面はさらに大きくなっていますので、見やすく操作もしやすく快適です。水やり感覚は毎日1回と2回、1日~3日おきと設定可能です。

XCSOURCE 自動散水タイマー

                                                    XCSOURCE                         自動散水タイマー

Amazon で見る

大きな桁の表示で確認しやすい画面と大きいボタンで操作性の面で優れています。散水スタート時間や散水時間、散水する頻度や手動と自動散水モードを設定することが可能です。サイクル設定をすれば毎日タイマーを使って自動的に水やりをすることも出来て、旅行中などでも安心です。

amzmonnsuta 自動散水タイマー

                                                    amzmonnsuta                         自動散水タイマー

Amazon で見る

何度も押すボタンではなく、ボタンの数が多いので一度に思ったように設定しやすいと好評です。シンプルな機能で、構造自宅もシンプルです。水やりの時間は1分から9時間59分まで設定することが出来ます。セッティングも簡単で、初めてこういったタイマーを使う方でも簡単に設置出来ます。

M.ZONE ドリップ散水システム

                                                    M.ZONE                         ドリップ散水システム

Amazon で見る

お花や大事な鉢植えの散水には、一般的なタイプではなくドリップ式でゆっくりとじっくり水やり出来るタイプがお勧めです。芝生に水やりをするようなタイマーとは違い、キメ細やかな水やりをしたいという場合に適した商品です。ドリップ型でタンク式なので水道が近くになくても安心です。

タカギ(takagi) かんたん水やりタイマースタンダード

                                                    タカギ(takagi)                         かんたん水やりタイマースタンダード

Amazon で見る

この商品にプラスして、別売りのGWF1コネクタを使えば鉢植えから芝生、様々な場所や用途で使いこなすことが出来る用途の幅広い散水タイマーです。乾電池式なのでコンセントも不要ですし、画面の表示も分かりやすくて操作性の面でも優れていると言えるでしょう。コントローラーは外して手元での操作も可能です。

セフティー3 散水簡易タイマー

                                                    セフティー3                         散水簡易タイマー

Amazon で見る

手動式でタイマーをかけて時間になると散水されるタイプなので、電源や電池が必要ありません。シンプルな構造で、5分から120分までの間で時間を調節して散水が出来るタイプです。1回で終了のため旅行中などは使用できませんが、毎日時間を決めて自分で操作して水やりをしたいという方には適しています。

セフティー3 散水タイマー 電池式

                                                    セフティー3                         散水タイマー 電池式

Amazon で見る

付属アタッチメントを使えば、蛇口に直接取り付けることが出来ます。もちろんホースにもつなげますので、水道から遠い場所の散水でも可能です。開始時間とそこからどれぐらいの時間にするか、また通水間隔も設定可能なので、旅行中の水やりも心配無用です。操作しやすい大きい画面もオススメです。

Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です